2015年4月2日木曜日

新入社員に捧ぐ!ワタミバイトをバックレる人の特徴と考え方は?

一度バックれると必ずまた同じことをする

「辞めます」の一言も、話し合いもなく、いきなり連絡がつかなくなり、そのまま辞めた人、あなたの職場にいませんでしたか。私の職場にもいました。社員、アルバイトに関わらず本当によくいました。こちらとしては、話し合いもないわけですから、未だに理由がわからない人もいます。
こういう辞め方をする人を、私が勤めていたワタミでは「バックレる」という言い方をしていました。


ただ、そんなバックレる辞め方をしても、戻ってくる人もいるのもまた事実です。大抵の外食店舗は人不足です。人が余っているような店舗には、中々お目にかかれません。だからこそ、一度バックレも、それ以外の勤務態度や人柄に問題がなければ、もと居た職場に戻ってくる人がいるのですね。




シフトがきつく、バックレる


彼もバックレたあと、しばらくして戻ってきた人の一人です。20代半ばのフリーターの男性で、顔は俳優の中尾明慶さん似の、優しそうな雰囲気です。

彼がバックレた理由は、彼の断れない性格からでした。良く言えば優しい、悪く言えば優柔不断なところがありました。


店長に「明日さあ、ちょっと人足りないんだけど入れる?」と言われると「いいですよ」と言ってしまうのです。それが、何も予定のない日であれば問題ないのでしょうが、そうではない日もあったようなのです。この中尾さん似のフリーターは「明日はちょっと無理です」という一言が言えないというのです。

そして、結果としてシフトが厳しくなり、切羽詰まった中尾さん似は、ある日突然バックレたのです。私も、その断れない性格を考えてモノを言えばよかったのですが、そこまで思い詰めているとは知りませんでした。


そしてしばらくして、私たちも中尾さん似のことを忘れかけていたころ、彼から連絡がありました。以前のバックレた経緯と私たちに謝罪し「もう一度頑張って働きたいです」と言ってきたのです。

私たちも一抹の不安はありました。「前に一度バックレてるけど大丈夫?」と本人にも聞きました。しかし彼の「大丈夫です」という力強い言葉と店舗の人不足、彼のまじめな人柄から「じゃあまた洗い場から始めようか」と再び採用を決めました。

その後はもはや言うまでもありませんが、全く同じような理由からバックレました。今回は彼のシフトを入れすぎたことを反省し、気を使っていたのですが、それでも駄目だったようです。

何故また同じことをするのか


こうした例は枚挙にいとまがないです。私の勤めていた店舗だけでなく、別のワタミ店舗でもあきれるくらい同じです。一度バックレた人は、どんなに良い人でも、どんなに勤務態度が真面目でも、必ずまたバックレているのです。中尾さん似の例では「シフトがきつい」でしたが、他には「学校の授業が忙しい」「あまり稼げない」など、バックレる理由は様々です。


ただよくよく、従業員たちがもう一度バックレた理由を考えれば、納得できます。大抵、戻ってくる人は「新しい職場が見つからない」または「見つかってもそこで上手くいっていない」という理由が大半です。

だから「以前働いていた店であれば、人間関係も出来ているし、仕事内容も覚えている。また一からやり直すよりは、以前の職場に戻った方が楽だ」ということでしょうか。


あと一つ加えれば、理性のタガが外れやすいことが考えられます。「バックレるのは悪いこと」ということは、おそらく誰もがわかっています。バックレた本人も例外ではないでしょう。ただ、一度それをやってしまうと、次に同じ問題がやってきたときに、上手に回避できず「嫌だな。もう辞めよう」となりやすいのかもしれません。


とはいえ、私たちのような管理する側の人間も、歩み寄らなければいけない部分もあると思います。例えば、中尾さん似の例では「週4日で7時間のシフトにする。それ以上はいれない」などといったようなルールを事前に決めておけば良かったのかもしれません。

そういった意味では、まだまだ職場復帰にあたって、話し合いが足りなかった部分があり「私にも至らないところがあったな」と反省点もあります。

さて、今年も新入社員が入社する時期ですが、もうあなたの周りにもいるかもしれませんね。連絡もなく突然バックレた人たちが・・・。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Back to Top