2014年3月31日月曜日

飲食店から未経験の仕事に転職したい人へ―知っておくべきたった一つのこと

これを見ている皆さんは、退職・転職したい人が多いと思います。
そして、飲食業界から転職したいとお考えかと思います。

もう転職活動をしている方は、感じているかもしれませんが
未経験の仕事への転職は難しいです。その理由を考えたいと思います。






 なぜ、飲食店から未経験の仕事への転職は難しいのか


「経験がない」

まず、これが最大の理由です。
真っ先に転職先の企業が心配することで、これが最も大きいネックになります。

例えば転職先が、小売業界やアパレル業界などの接客を主とする企業であれば話は別です。
これらの業界であれば、「経験なし」とはなりません。むしろ、歓迎されるスキルかもしれません。


ですが、全く違った業界、オフィスワークや営業などの場合、畑違いの業種・業界になるとどうしても企業側は経験をみます。

私も、外食チェーンで4年勤めました。
職務経歴は正社員としての就労ですし、一定の社会経験はあります。
ですが、面接で必ずといっていいほど

「経験はないですが、大丈夫ですか?」
「わが社はこういった仕事内容ですが、どのようにやっていこうとお考えですか?」

といった、経験のなさを指摘してくる質問をされます。


そもそもなぜ、経験の有無を気にするのかといえば、リスクをとりたくないからです。
経験者であれば、働いているイメージができます。
同じ業界であれば、同じような仕事の流れになることが多く、即戦力として期待もできます。

未経験になると、そのあたりのイメージがつきません。
「ウチの仕事がこの人に合うのか」「仕事についていけるか」
といったところが未知数なため、冒険したくないので、どうしても積極的な姿勢はなくなります。

 新卒は就職のプラチナチケット


中途採用であれば、経験は必須であり、未経験であればそれを覆す何かが必要でしょう。
企業側は、未経験者を採用するなら、新卒が良いと考えているのです。

理由としては

1.若い
2.企業に染まっていない
3.将来性がある

といったことがあげられます。
「若い」と「将来性」似たような意味で、二つとも通じるかと思います。
若いと長く働いてくれ、将来の幹部候補としての期待もかけられます。


2つ目の「企業に染まっていない」とはどういうことかというと
新しく働く会社の常識と、前職の会社の常識が違うということです。

日本の企業は、書類の書き方一つとっても、同じ業界の会社であれ違いはでます。
こういったことを矯正しつつ、仕事も教えていかないといけないため

「そんなリスクがあるなら、最初から新卒でいいか」

となりやすいです。

ですから私は、「未経験でも、どこでも就職できる「新卒」という肩書は、本当に大きいものだったんだな」と転職活動をしていく中で本当に重くのしかかりました。


 では、外食企業からの転職は無理なのか?


以上のような理由で、外食企業から異業種への転職は本当に難しいです。

ですが、上手に自分のアピールする方法や、転職エージェントなど
様々なことを活用すれば、あなたにも必ずチャンスがあります。

実際、私の知り合いや同期の社員でも、異業種への転職を果たしている人が多くいます。


まず外食企業から異業種への転職をしたいとお考えのみなさんに
実際に他の会社からは、こういった見方をされるんだよ
ということを知っていただきたく、こういった記事を書きました。

これをわかった上で転職活動をすると、対応策も打てます。


転職活動で大切なことは「一人でやらないこと」です。これにつきます。
今は、無料の転職セミナーや、ハローワークでも転職の相談を行っています。
必ずそれらを活用してください。

一人だと思い悩むことも多く、解決策が一方的になりがちです。
色々な人の意見を聞きながら、転職活動を進めていきましょう。


転職に大切なことをまとめました。
転職に大切な3つのこと―ハローワークと転職サイトを活用する方法・ブラック企業に就職しないこと



0 件のコメント:

コメントを投稿

Back to Top